上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なりきり!オリキャラさんに100も質問!

「姉さん、この前もこんなのやって途中で挫折しませんでした?」
「そんなこともあったようななかったような」

なりきり!オリキャラさんに100も質問!

姉さん、この前もこんなのやって途中で挫折しませんでした?
そんなこともあったようななかったような。

その1:お名前は?

「ラティメリアと申します。よろしくお願いします」
「私もラティメリア」
「……絶対混乱しますって」
「んじゃ、ラティ」
「では私はメリーですね」

その2:画像などありましたらおねがいいたします

「んと、どれでいく?」
「任せます」


その3:ご活躍の作品名(ありましたら)

「無限のファンタジア、と」
「活躍してますか?」
「そーゆー事言わない」

その4:ジャンルを教えてください(アクション、ラブコメ、伝奇ものなど)

「ファンタジー、ですよね。一応」
「ストーリーなんてボロボロだけどね」
「そうなんですか」
「……」

その5:そのあらすじなど。(ありましたら)

「神様と人の喧嘩話?」
「なんですか、それ」
「変なトコ見る人しか知らない事」

その6:主人公ですか?サブキャラですか?

「一登場人物。目立たない方かね」
「目立とうともしてませんしね」

その7:どんなポジションですか?

「ポジション?」
「お色気担当とか言われてた時期もありましたね」
「それを今言うな」


その8:あだ名ありますか?

「まぁ、ラティとメリーってのがそうっていばそうか」
「愛称、と表現したい所ですがまぁ」


その9:普段はなんて呼ばれていますか?

「ラティメリア、ラティ…あとは敬称変化」
「ラティメリア、メリー……同じですね」


その10:身長、体重、性別

「えーっと、163.9と157.9と。なんで0.9?」
「一度は抜いたのに……」
「姉の威厳」


その11:年齢、あれば生年月日も。

「18?」
「19?」
「本当はえーっと、今年で26だっけか……?」
「私は確か、21だったはず……です」(汗)
「7月7日生まれ」
「3月3日生まれですね」
「……覚えやすくていいけどもさ」


その12:出身地はどちらですか?

「セイレーン領のそこそこの町」
「同じくです。そこそこって……」
「そこそこじゃない?」
「そこそこですが……」


その13:髪の色、瞳の色、肌の色は?

「青々白」
「青々普通、ですねぇ」
「母親の違いのせいかな」
「でも姉さんの肌はお父さん譲りだと思いますよ」
「……エルフの肌は優勢遺伝か!?」
「そういう問題でも無いと思いますが……」


その14:人種(人外のかたは種族など)は?

「セイレーン」
「ですねぇ。母はエルフですが、当時は希望のグリモア配下ではありませんでしたし」


その15:利き手どっちですか?

「左、ですねぇ」
「両利き。右は訓練」
「これは確実にお父さん由来ですね。まぁ家系というか」
「メナドエンシスは左利き多いからなぁ」


その16:眼、いいですか?

「それなり」
「遠視気味です……」
「眼鏡っ娘め」


その17:ご職業は?(学生さんは学校名、学年をどうぞ)

「えーっと、副業は冒険者。メインは食っちゃ寝」
「え、冒険者は職業じゃないんですか?」
「冒険者は称号の類。収入のメインではあるけど、就職したわけじゃないし」
「あー、そうですね……」
「ま、就職つっても副業の禁止とか無いだろーけどね」


その18:今の職業(学校)に至った理由は?

「えと、どっち?」
「冒険者の方じゃないと収集付きませんよ。第一食っちゃ寝に至った理由って……」
「私は尊敬する人が同じ冒険者だったから、かな」
「私は姉さんがなってしまったから、ですねぇ」
「あとパトロンが欲しかった」
「凄い理由ですが、過去形なんですか?」
「今は自分で稼ぐ方が楽だし、別に欲しい物あるし」


その19:今の職業(学校)好きですか?

「まぁ、それなり」
「私は好きですけど」
「その割に職務を果たしていないような」
「姉さんとは違いますし……」


その20:自分を動物にたとえると何?

「どっかでみたような」
「水家であったネタですね」
「ああ、そうか。アフリカ産の生きた化石、と」
「インドネシア産の以下同文……ですね」
「芸がないな」


その21:特技ありますか?

「歌?」
「よりも潜水の方が凄くありませんか? 姉さんは」
「最近泳げてないなぁ」
「冬ですし……」


その22:ご趣味は?

「読書、宝石蒐集、歌、水泳」
「家事全般、ですかね?」
「それは趣味なのかどうか」
「姉さんの世話、でもいいですよ?」
「…………」


その23:好きな色は?

「白」
「私は青、ですね」
「青も嫌いじゃないけど、セイレーンの色に染まるのが厭だ」
「負けず嫌いですからね、姉さん」


その24:好きな花は?

「特には?」
「うーん……海の傍育ちのせいですか、これは」
「花なんてほとんどないもんね。まぁ、強いて言えば白い薔薇かな」
「そうなんですか? なんでまた」
「秘密」


その25:ついやっちゃうクセありますか?

「自覚ない」
「……えーっと私も」


その26:文字、綺麗な方ですか?

「まー時と場合により」
「姉さん、どうでもいい人と猫被りたい相手で変わりますよね」
「どうせ意識しないと雑ですよ」
「あの丸っこい字、好きですよ」
「あんたみたいに綺麗な字、書けないもんでね」
「左利きの割に、とはよく言われます」


その27:得意なスポーツ(もしくはそれに類するもの)ありますか?

「こっちが水泳っしょ」
「あ、確かに。私もそれなりに泳げますが、剣を入れて良いならそっちで」
「……剣技……」


その28:自分はギャンブラーだと思いますか?

「かもしれない」
「思いません」


その29:必殺技なんかありますか?

「――デストローイッ!」
「……真似しないでください」
「ちっ」


その30:食べ物の好き嫌いはありますか?

「多い」
「減らそうと努力はしています」
「嫌いな物を無理に食べる事は無い!」
「……好きな食べ物ー……姉さんは意外と庶民っぽいのというか」
「芋栗南瓜、豆類……」
「ふむふむ」(メモメモ)


その31:自分の声に似ている声優さんいらっしゃいますか?

「声優ってなんですか?」
「知らない」


その32:気になる人いますか?

「えーっと?」
「まぁ、居る。メリーは?」
「……居なくは、ないです」(赤面)
(こゆ、初々しい方がいいのかねぇ?)


その33:恋人いますか?(おられない方は好みのタイプなど語ってください)

「いない黙れ」
「まぁ、いませんね」


その34:家族構成は?

「姉と母です。今は母とは別の場所に住んでいますが」
「妹、以上」
「……そんなに、お母さん苦手ですか」
「アレは敵だ」


その35:尊敬する人は?

「んー色々いるけど。とりあえず父さん」
「私は姉さんでしょうか」
「普通本人目の前に言うかね?」
「いけませんか?」
「別にいいけど」


その36:ペットいますか?

「いません」
「いないね……あー」(この子、とか言ったら流石に怒るかなぁ)
「どうしました?」


その37:親友いますか?

「ま、それなりに」
「えーっと親友……?」
「何故困る」
「親友って言うとー……」
「シファさんとかケイカさんとか」
「尊敬してますし、好きですが、親友と言うと少し違う気がします」
「ふむ」


その38:友達多いですか?

「少ない」
「余りいませんねぇ」
「性分か」
「姉さんがいればいいです」
「さいですか」


その39:敵(もしくはライバル)いますか?

「嫌いな奴は敵だ。好きな奴にも敵はいるが」
「というか姉さんグドンやモンスターとか不倶戴天の敵がいるじゃないですか……」
「ふむ、考慮外……」


その40:上司(先生でも師匠でも親方でも・・)をどう思いますか?

「反面教師?」
「その言葉、よくわかります。ええ」


その41:そのヘアスタイルは床屋?美容院?それとも・・

「メリーがやっとる」
「そうですねぇ。私は自分で。時々は――」
「私がやってるね。お金要らずだ」
「そうですねぇ」


その42:ONの時のファッションは?(画像でも可)

「んー……」
「まぁ、普通ですよねぇ」


その43:OFFの時のファッションは?(画像でも可)

「剣は置いてきなさい」
「これは大切な物ですし……姉さんは、変わらないですねぇ」
「てか、戦時とそうじゃないのをON、OFFっていうのは如何な物か」


その44:何着て寝てますか?

「キャミソ」
「私はパジャマ、ですかね。…それ、寝づらくないですか?」
「別に?」(アンタが夜な夜な抱きついてくる事の方がよっぽど)


その45:自分のチャームポイントはどこだと思いますか?

「意識しない」
「そんなものないですよー」
「あんたはそういうトコ」
「?」


その46:もし、違う世界(ストーリィ)にいけるとしたら何がしたい?

「食っちゃ寝」
「いきなりそれですか」
「あんたは?」
「姉さんの世話ですね」
「……」


その47:座右の銘(もしくは決めゼリフ)ありましたらどうぞ。

「特に」
「私もないですねぇ」
「――デストローイッ!」
「いや、それ違いますから」


その48:これだけは我慢できない!ってことありますか?

「えー、なんだろ。色々とあると思うが」
「そもそも我慢するのが出来ないですからね、姉さん」
「なんか言ったかー……?」
「いえ、なにもー」


その49:自分がゲームになるとしたらジャンルは何がいい?

「げーむ……アドベ?」
「まぁ、RPGってのもありなんですかねぇ」


その50:今一番ほしいものなんですか?

「星」
「お金って言わない辺りが」
「ゲーム中じゃ、金はそれなりにあるからなぁ」


その51:カラオケで何歌いますか?(ない世界の方ももしあったらということで)

「恋歌は普通に好きだが」
「ラヴソングって言いませんか」
「あと熱血系。何故か」
「しっとりとした曲でしょうか……」
「演歌似合いそう」
「……」


その52:自分のテーマソングみたいな歌あったら教えてください。

「あると言えばある、が。まぁ時々によって変わるしな」
「私はほとんどないでしょうか……」


その53:過去について語ってください。

「過去は過去、今は今」
「知らない事だらけだった頃が、少し懐かしいです。今でも知らない事だらけですけど」


その54:将来について語ってください。

「なるようになれ」
「今の状態がいつまでも続けばいいな、と。ホントはもうちょっと強くなりたいですが」


その55:現在の悩みありますか?

「いつでもそれなりに」
「困ったもんです」


その56:占いって信じますか?

「楽しむけど、信じない」
「信じません」


その57:神様はいるとおもいますか?

「神様の定義を述べよ」
「質問者に質問しても……」


その58:しみじみと幸せを感じる時ってどんな時?

「惰眠を貪ってる時」
「姉さんの世話をしてる時、でしょうか?」
「……」(呆れ顔)


その59:百万円(貨幣価値の違う世界の方はそれぐらいの金額だと思って)あったら何に使いますか?

「別に」
「特、には……?」


その60:用をたしたばかりのトイレに500円玉を落としてしまいました!拾う?拾わない?

「拾わない」
「拾いません」


その61:現在の設定では絶対にムリなんだけどやってみたいことってありますか?

「幼い頃の自分に戻りたい……」
「また年寄り臭いですね……」
「うっさ」


その62:愛用品(武器とか小物とか)ありますか?

「んー特にないってのが正直な所? 術手袋もコレクション化してきたからなぁ」
「剣と鎧、ですね。これだけは手放せません」


その63:名作童話のお芝居をすることになりました。どんな物語で何の役がいい?

「眠り姫」
「寝てるからですか……王子役は?」
「黙れ」


その64:今度生まれてくるときは異性がいいですか?同性がいいですか?

「さ、今度の前に今を頑張るさね」
「姉さんの言葉とは思えない前向きな発言ですね」
「あんたは?」
「もしあるとすれば、今のままがいいでしょうか。私も来世はあまり信じない方ですけど」


その65:自分が主役のエロパロ(もしくはやおい)同人誌を見つけてしまったらどうしますか?

「……物によるかなぁ。気に食わなきゃ燃やす」
「やお、い……ってなんですか?」
「知らんでいい」


その66:自分にファンっていますか?

「いないっしょ。知らんが」
「……いないと思います」


その67:読書はしますか?どんなもの読みますか?

「何でもござれ。読書量は多いな」
「私はさほどでも無いですね……実用本みたいなのはたまに読みますが」


その68:音楽は聴きますか?好きなジャンルは(異世界の方は近いと思われるものを)

「宮廷音楽から、場末の歌姫まで」
「私は、そこまで広くはないですが……好きですねぇ」


その69:最近泣いちゃったことありますか?そのわけは?

「んー……あ」
「何かありました?」
「いや、いい」
「もしかして、あの恋話ですか?」
「……」


その70:最近ムカついたことはありますか?そのわけは?

「空気読まない奴」
「嗚呼……お疲れ様です」


その71:自分って子供だなぁと思うのはどんな時?

「別に私は子供じゃない」
「都合のいい時は利用するくせに……」


その72:自分ってオトナぢゃーん?って思うのはどんな時?

「んー……相対的に相手がガキくさく見える時?」
「私はまだまだ、ですね……」
「や、あんたの事じゃないし」


その73:最近年くったな・・・と感じるのはどんな時?

「最近の若い奴は……!」
「ないです、それはないです……」(笑)


その74:肉体的なコンプレックスってありますか?

「……太りそう」
「運動しないからですよ」
「んじゃ、泳ぎに行くかー」
「冬ですって……」


その75:精神的なコンプレックスってありますか?

「んー……別に」
「そういった所ですよね」
「…………」


その76:まだ発表されていない秘密データってありますか?

「何発表したかわからない……」
「確かに、そうですね……」


その77:時間には几帳面な方?

「ルーズ」
「う……私もあまり。守りたい、という気持ちはあるのですが」
「気持ちだけじゃ駄目だがな」
「気持ちもない人に言われたくないです」


その78:料理ってしますか?得意なメニューありますか?

「しない。得意……刺身、サラダ、踊り食い」
「ありましたね、そんなネタ……。私はそれなりに」


その79:お酒飲めますか?強いですか?酔うと何上戸?

「強い方」
「姉さん、未成年ですよ……」
「別に酔っても、声がでかくなるとかぐらいだが」
「…………」
「ちなみにコイツは抱き付き魔」
「えぇ!?」


その80:タバコ吸いますか?日に何本くらい?あれば銘柄を。

「吸わない、好きじゃない」
「吸いません」


その81:これがないと生きていけない!ってものありますか?

「姉さん?」
「言うと思った。でもそりゃ違うだろ」
「まぁ、そんな気もします」
「私はー、睡眠?」
「……誰でもそうだと思いますよ……」


その82:同性、異性、どっちが好きですか?

「どっちが好きて。別に気にしない」
「同性の方が気楽かもしれません……」


その83:初恋はいつですか?

「んーと、生まれて3年、6歳ぐらいの頃かな?」
「は?」
「まぁ、好きって言えば好きだったと思うよ。今でもだし」
「はぁ」
「で、あんたは」
「恋とは少し違うと思いますけど……15歳の頃に、この人だけはって思いましたね」


その84:相手は誰ですか?今どうしてますか?

「で。ネタばらしは?」
「あ、ばれてましたか。姉さんの為に出来る事をしよう、って思ったのが、あの時でしたからね」
「ふむ。じゃ、私も。初恋は父さん」
「えー!?」
「再婚する前もずぼらだったし。私がしっかりしなきゃ、生活成り立たない、とか幼心に思ったもんさ。敗れたがね」
「お母さん、姉さんの恋敵だったんですね……」


その85:初体験・・いつですか?

「何のですか?」
「あー、この問題はスルーで」
「はぁ……」


その86:相手は誰ですか?今どうしてますか?

「だから何のでしょう」
「スルースルー」


その87:唐突ですがあなたの一番大切な人がゾンビになってしまいました!もう相手を滅ぼすか、自分もくわれて共にゾンビとして生ける屍となるくらいしか道はないようです。あなたならどうする?

「堕ちても共に」
「滅ぼす」
「……お互い即答ですね」
「まぁ、性格の差かね」


その88:宝物ってありますか?

「色々」
「ええ、この剣もそうですし、鎧も……。あとこのペンダントでしょうか」


その89:世界を滅ぼすほどの力を手に入れたら何がしたい?

「滅ぼしたい物だけ滅ぼせるなら、滅ぼす」
「ぶ、物騒な」
「色々あると思うけどね。どれだけ感情に流されるか、しらんが」
「私は……えっと別に、特に何もしません」


その90:自分ってボケだと思う?ツッコミだと思う?

「ボケ?」
「あんたはボケ。私はー、別にどっちでも」
「……ボケってなんですか?」
「あんたみたいな奴の事」


その91:ズバリ!弱点は?

「姉さん」
「んー…自覚ない。あっても言わない」


その92:作者についてどう思いますか?

「好き物」
「えっと、面白い方ですよ」
「誉め言葉になってない」


その93:作者さんへ質問/このキャラ好きですか?

まぁ、それなりに


その94:作者さんへ質問/その理由は?

梶谷さんーってのは冗談として
姉はほとんど演じてないので。
妹はー、皆に好かれてるから、でしょうねぇ。


その95:作者さんへ質問/キャラ作りで参考にした他作品のキャラクターっていますか?

特には。


その96:作者さんへ質問/自分と似ているところってあると思いますか?

ラティは本質的にかなり。
メリーは、まぁ、所々。


その97:作者さんへ質問/メディア化されるとしたらアニメがいい?実写がいい?

実写は厭だ(笑)


その98:作者さんへ質問/現実時間でこのキャラが初めて世に出たのはいつごろ?

去年の1月、3月。
名前だけはもっと前からあった。


その99:作者さんへ質問/メインの発表媒体はネット?同人誌?

ネットってか、ゲームの中ですねぇ。


その100:お疲れ様でした。最後にこれを読んでくださった方に対してキャラとして何か一言お願いします。

「暇人め」
「姉さん! もぅ……えと、長々とお付き合いいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いしますね」
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 古代魚とミソサザイ達の逢瀬, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。